今日のパトロール日誌

Please give fresh green for eyes, silence for ears. And always, give the Bangkok for mind.

身体中のホクロを数えて差し上げたい(←変態)@tenデス

グラビアアイドルで女優の【片山萌美】サン。。。
020



yahooニュースのトップにもなった
『ヤングガンガン』誌のグラビア・・・
000


001



グラビアアイドルの片山萌美さんが、
マンガ誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)8号の
表紙と巻頭グラビアに登場した。

009


007


008


011


010



片山さんは、肩ひものない大胆なトップスとショートパンツ姿で
バスト92センチの抜群のスタイルを披露。

012


013


014


015


018



背中をセクシーに見せたドレス姿の写真や
舞台「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」の
ビューネイ役の衣装の写真も掲載された。

016


019

(透けて見えるお尻がエロス)
017



嗚呼、
生まれ変わったら・・・
002


003


004



片山萌美サンのお尻と股間を支える
自転車のサドルになりたひ(をいっ)
005


006



・・・ハァハァ(^^;)
021

(オフショット)
022




片山萌美 わたし巡り [Blu-ray]




【今日のヤフオクに出品して欲しい】
・・・片山萌美サンが使った自転車のサドル(をいっ)
高値がつくと思います



関連記事:
グラドル女優【片山萌美】サン、例の「乳首&ヘア」透け画像を色調補正してみた
続報!グラドル女優【片山萌美】サン、乳首&ヘアヌード!!!



銭湯の番台に座るのが夢だった@tenデス

女優の【杉咲花】サン。。。
000



ゑっ?、杉咲花サンって誰??(をいっ)
名前を聞いてもピンとこない御仁も多いかと思いますが
001


003


002



クックドゥの回鍋肉のCMの娘
って言えば、お顔が浮かぶのではないでしょうか?
006



そんな、杉咲花サン、おんとし19歳が
宮沢りえサンの娘役で出演していた映画
『湯を沸かすほどの熱い愛』・・・
007



・・・先日、羽田−バンコク線のTGを利用した際
機内エンターテイメントにラインナップされてまして
まったくの予備知識なく観てみました(^^;)
011



JKの安澄(あずみ)役の杉咲花サンが
教室で、いきなりの下着姿・・・
009


004



イジメで制服を隠され「制服返してください」と訴えるシーンです(うるるる)
教師:「とりあえず体操服を着なさい」
安澄:「嫌です、だって今は体育の時間じゃないから!」
005



杉咲花サンの演技が素晴らしい!
母親役の宮沢りえサンを「おかあちゃん」と呼ぶとこが可愛らしい!
012



他にも、小学生の妹がオシッコ漏らして
パンツ脱がされるシーンなんかもあります
ぜひ、一部のロリコンな方々にも見て頂きたい
010



・・・重い内容を、テンポよく重くなりすぎず表現しつつ
女優さん、俳優さんのウマイ演技を活かした映画でございました
008





【今日の『湯を沸かすほどの熱い愛』】
・・・銭湯を舞台にした映画ですが、
女湯のエロっぽいシーンは皆無なのであしからず


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]




関連記事:
「海街diary」は【オッパイマニア】垂涎のエロ映画だった
【宮沢りえ】サンのパンティーと【飯岡かなこ】サンの着エロ





ピッチングより「神スイング」の方が好きだ@tenデス

グラビアアイドルの【稲村亜美】サン。。。
016



8球団目の始球式に登場
015

(どどーん!)


もはや、始球式タレントと言っても過言ではアリマセン
(なんだそりゃ?)
022


021


002


001



・・・太ももエロす!
013

(ごくり)
014




よく見りゃ、お尻にパン線が浮いてます
003


004


005


006


007


008



ノーバンだけど、ノーパンぢゃない(^^;)
009


010


011



(ハァハァ)


・・・ぜひ、煩悩の数まで記録を伸ばして頂きたい
012








【今日の普通のグラビア】
・・・普通の水着グラビアだとソソられない(をいっ)
017




<デジタル週プレ写真集> 稲村亜美「ATHLETE BODY」




関連記事:
神スイング【稲村亜美】サン、TVでお股ぱっくり開脚
人気グラドル【石川恋サン、片山萌美サン、稲村亜美サン】まとめて、ワキ舐めたい



↑このページのトップヘ